学生課からのお知らせ

【減免】2021年度前期 新型コロナウイルス感染症に係る影響を受けて家計が急変した学生に対する授業料減免について

掲載日 2021年5月6日

2021年度前期授業料減免は既に申請受付を終了したところですが、新型コロナウイルス感染症に係る影響を受けて家計が急変した学生に対しては、申請受付期限を6月25日(消印有効)まで延長します。

対象者

2021年度前期 本学独自の授業料減免申請期間(以下、「減免申請期間」という。)より後に新型コロナウイルス感染症の影響により家計が急変した正規学生(私費留学生を含む。)。

要件

2021年度前期授業料減免・分納申請要項に定める減免の申請要件を満たした上で、以下の要件1. から3. までのいずれかに該当すること。

  1. 新型コロナウイルス感染症に係る影響による収入減少があった者等を支援対象として、国及び地方公共団体が実施する公的支援を減免申請期間より後に受給した。
  2. 減免申請期間より後に同一世帯の者が失業、退職、又は廃業した。
  3. 減免申請期間より後に同一世帯の者の所得が減少した。

提出書類

2021年度前期 授業料減免・分納申請要項に記載した申請書類を全て提出してください(申請書には家計急変後の状況を記入)。

またこれに加えて、上記1. から3. の要件に応じて、該当する番号の次の書類を追加で提出してください。

  1. 公的支援を受けた⇒当該公的支援の受給証明書、又はこれに類するものと認められる公的証明書の写し
  2. 失業、退職、又は廃業した⇒【様式2A】「退職証明書」又は【様式2B】「無職・無収入に関する申立書」
  3. 所得が減少した⇒家計急変の事由が発生した日以前と以降の収入が減少したことがわかる書類(※)の写し

(※)3. の書類の例

なお、家計急変による減免申請では、申請要項に記載しているMicrosoft Formsへの入力は不要です。

申請受付期間

2021年5月6日(木)から2021年6月25日(金)まで(消印有効)

申請方法

学生課減免担当宛て宛名ラベル (88.4KB)Adobe PDFをレターパックライトに貼付し、学生課宛て送付

※どのキャンパスに所属の学生も、南大沢キャンパス宛てお送りください。

申請要項等ダウンロード

一般学生用

私費留学生用

様式

その他

この延長期間中に授業料減免を申請し、後日減免が承認された場合、5月26日にお支払いされた授業料のうち減額分を還付します。このため、延長期間中に減免を申請する場合でも、5月26日の後期授業料は通常どおり納入してください。

問合せ先

学生課厚生係減免担当 genmen-bunnou@jmj.tmu.ac.jp

※メール件名に学修番号と氏名を記載してください。

※ご返信には数営業日かかる場合がありますので、余裕をもってお問合せください。