ボランティアセンター

ボランティアセンター

ボランティアセンターでは、学生の皆さんがボランティア活動を通して社会に参加し、社会のニーズと向き合うなかで、一人ひとりの可能性を広げられるようなサポートをおこなっています。

3つの活動の柱

(1)外からのニーズに応える~情報提供と相談支援~
  • 掲示板、チラシコーナー、ホームページ、SNS等を活用して外部からのボランティア募集や講座、助成金等の情報を提供します。
  • ニュースレター、メールマガジン、報告書を発行し、活動を広く発信します。
(2)内からの活動を支える~学内団体のサポート~
  • 学内団体の活動実態を把握するとともに保険加入の促進等、危機管理意識を育みます。(保険料の補助制度あり)
  • ステップアップ講座やPRの機会の提供、備品等の貸与により、活動の充実を図ります。
(3)新たに活動を創る~ボランティアプログラムの開発・運営~
  • 東京都立大学独自のボランティア活動として
    スポーツボランティアプログラム
    地域ボランティアプログラム
    を推進します。
  • 学習と連動した活動を推進することにより、社会のボランティアリーダーとなり得る人材を育成します。

ボランティアをはじめたい学生への支援について

(1)コーディネーターによる相談支援

ボランティアセンターは、学生のみなさんの「やってみたい!」を応援するところです。センターには、福祉・教育・まちづくり・スポーツ・環境保全・国際協力など多くの情報が集まってきます。掲示板やチラシコーナーで自由にご覧ください。

「興味はあるけど、どうしたらいいのかわからない」という人には専門のコーディネーターが相談に応じています。ボランティア情報の提供をはじめ、ボランティアの心得や活動に対する不安、新しい活動の立ち上げなど何でも相談に応じます。

(2)ボランティアセンター主催の講座やプログラム

活動を始めるきっかけづくりのための講座やプログラム、学習と体験がセットになったプログラム、ステップアップのための講座などを実施します。

(3)メールマガジンの発行

センターからのお知らせや学外のボランティア募集や講座、助成金情報等をお届けします。登録を希望する方は、件名に「メールマガジンの登録希望」と明記し、以下の事項を記載しセンターのメールアドレス(tmu-volunteer@jmj.tmu.ac.jp)までご連絡ください。

①氏名 ②学修番号  ③登録するメールアドレス

(4) ボランティア保険への加入

ボランティア活動中には、ボランティア自身がケガをしたり相手にケガをさせてしまったり、物を壊してしまうこともあります。ボランティアだから責任を免除されることはありません。そんな万一の場合に備えて、必ず事前に「ボランティア保険」に加入してから活動するようにしてください。ボランティアセンターや近隣の社会福祉協議会で加入受付を行っています。(保険料:年間350円~)

ボランティア活動をしている学内団体の登録について

ボランティアセンターでは、活動のサポートやリスクマネジメントの観点から登録制度を設けています。登録団体には、下記のようなサポートをおこないます。

  1. ボランティア保険の保険料の補助と加入手続き(補助金一人350円)
  2. 活動がより充実するためのステップアップ講座の開催
  3. 活動に役立つ情報とPRの機会の提供
  4. 書籍や資料、備品や機材等の貸与
  • ボランティアを主目的とした団体でなくても活動の一環でボランティア活動や地域貢献活動をしている団体は登録することができます。
  • 1回や1日のみの活動であったとしてもボランティア活動にはリスクが伴います。自分自身やメンバーを守るリスクマネジメントの観点からもできる限り登録することをお勧めします。
  • 2018年度から「the Tokyo U-club」よりご支援をいただき、ボランティア保険の補助を行っています。

(2021年4月1日 更新)