学内での注意事項

ルールを守り、規律正しい学生生活を送りましょう

キャンパスの原則

【美観保持】

キャンパス内の壁に落書きをしたり、許可を得ずに勝手に貼紙等を掲示したりしないでください。また、ペットボトル、弁当の空き箱や雑誌等を、教室に散らかしたままにしてはいけません。ゴミは、ゴミ箱に捨てるか、持ち帰るようにしてください。

【静穏保持】

キャンパス内での良好な授業・研究環境を保つためにも、大声を出すことや、大音量で拡声器やスピーカーを使用すること等の騒音を出す行為は、しないでください。

【通行の邪魔にならないように】

キャンパス内では多くの人が行き交っています。集団で練り歩く、座り込む、キャッチボールをする等他人の通行の邪魔になるような行為を禁止します。

近隣住民の皆さんの生活への配慮

大学が地域社会と良好な関係を築けるよう、近隣住民の皆さんの迷惑にならないように気をつけてください。特に、21時以降に楽器練習をしたり、大声で騒いだりしないでください。

歩きタバコや吸い殻のポイ捨ては禁止

本学では、受動喫煙を防止するための措置として、校舎内(教室や部室)、歩行喫煙をはじめ、屋外に指定された喫煙場所以外での喫煙は禁止しています。喫煙される方は、必ず指定喫煙場所を利用し、歩行中の喫煙、吸殻の投げ捨てなどは絶対しないようにしてください

夜間のキャンパス内残留の禁止

学生がキャンパス内にとどまることができるのは、次の時間だけです。

  1. 祝日を除く月~土曜日・・・午前7時から午後10時30分まで
  2. 日曜及び祝日・・・午前7時から午後5時まで

上記時間外にキャンパス内に残留するときは「時間外残留校舎使用許可申請書」を提出しなければなりません(「時間外残留校舎使用許可申請書」は各学部の事務室にあります)。

通学定期購入時、使用時の注意

  • 通学定期券は、学部学生及び大学院生が現住所から大学までの最短区間を結ぶ通学を目的とする場合のみ、購入することができます。アルバイト等、その他の目的による通学路の変更はできません。
  • 現住所を変更した場合は、速やかに学部1・2年生は教務課、学部3年生以上(健康福祉学部2年生含む)は学部事務室に届け出て、新たな学生証裏面シールの発行を受けてください。届出をせずに無断で記載事項を訂正するなどの不正は絶対しないでください
  • 定期券の発行に関してわからないことがあったら、学部1・2年生は教務課、学部3年生以上(健康福祉学部2年生含む)は学部事務室に問い合わせてください。
  • 通学定期は、本人以外使用できません。友達との貸し借りは、絶対にしてはいけません。
  • 不正に使用した学生がいた場合には、本学全体が学生割引を受けられなくなることがあります。